今流行りの「FIRE」とは?FIREの魅力や懸念点、実現するための方法

雑記

仕事をせずに、しかも金銭的な不安が無い状態で悠々自適に暮らす

そんな夢みたいな生活を誰しも夢見たことあるのではないだろうか

僕は常日頃そんな妄想をしている

そんな妄想を叶えてくれる可能性があるのが「FIRE」

自堕落な僕はFIREというものに一気に魅了され夢中で調べ倒した

 

FIREとはそもそもなんなのか?FIREを達成するための方法とは?

僕が調べた知識を備忘録として残したいと思う

そして僕と一緒にFIREを目指してくれる仲間が増えたら嬉しいと思う今日この頃

 

FIREとは?

Advertisements

Financial Independence, Retire Early、直訳すると経済的自立と早期リタイア

若いうちに運用資産を築いて、早期リタイアした後は運用益のみで生活していくという考え方

アメリカ発祥の考え方で、近年では日本でも非常にトレンドになってる

仕事をせずに自由気ままに生きていく。FIREとはそんな夢のような生活をもたらしてくれる魔法のようなもの

FIREに必要な資産額

FIRE達成には年間支出の25倍の資産が必要と言われている

例えば年間支出が400万円だとすると、

25倍の1憶円の運用資産があれば理論上はFIRE可能ということ

サラリーマンの生涯年収が約2憶円といわれている中で、1憶円を運用資産として積み上げるのはかなりの難易度

しかもFIREを調べ始めた2022年2月時点の僕の総資産は現金預金で約500万円、この時点で眩暈がする程の現実を突きつけられた

4%ルールとは?

年間支出の25倍の運用資産を年利4%の運用益で生活費を捻出するという仕組み

1憶円の運用資産を年利4%で運用出来れば、毎年400万円の運用益を確保出来る

運用益で得た400万円以内で生活を工面すれば一生お金に困ることなく生活出来るよね!ということ

FIREの魅力

FIREを達成した後は働いてもいいし、働かなくてもいい

労働に縛られずに自分の好きなように時間を使えたらどんなに幸せだろうか

FIREの醍醐味はこの選択権を得られることだろう

 

住む場所に縛られない

通勤の縛りや転勤に一切関係が無くなる

都会や田舎どちらでも、もっといえば海外生活も可能になる

転勤がある会社に勤めている身としてはこのメリットも非常に大きい

 

FIREを目標にすると自然に節約する意識が芽生える

実際に僕はFIREというものを意識した途端に、節約に励むようになったしマネーリテラシーについて学ぶようになった

FIREを実現出来るかどうかは置いておいて、明らかに知識や意識は良い方向に向かっている

FIREの懸念点

そもそも資産確保の難易度が高すぎる

年間支出の25倍もの運用資産を確保するのは一般的なサラリーマンには不可能に近いのでは?

 

予想外のアクシデントで破綻の可能性がある

急激なインフレや、大病、事故などのアクシデントで思いがけない出費が発生した場合4%ルールは破綻するリスクがある

また昨今の様に世間の情勢が急変した際に、運用資産のみで生活していた場合正気を保てる気がしない

その為、年間支出の25倍というのは最低限であり更なる資産確保は必須だと感じる

 

キャリア継続が中断する

FIREがもし破綻した場合、再就職が必要になるが完全な無職期間がある人間が果たして再就職出来るのか?という不安がある

若いうちであれば可能性はあるだろうが、50台以降では正社員としての雇用はまず不可能だろう

 

完全にリタイアした場合は所属するコミュニティが無くなる

面倒な人間関係のしがらみから解放される反面、夢中になれるものがないと強い孤独感を感じるかもしれない

定年退職した人が急にボケるという話もよく聞くし、健全な精神を保つには一つの確かなコミュニティが必要だと思う

おすすめのFIREとは

FIREには細かく分類すると下記の4種類に分けられる

 

① Fat(ファット)FIRE=贅沢もできる状態でのFIRE

② Lean(リーン)FIRE=倹約しながら最低限の生活費を資産運用して生活するFIRE

③ Barista (バリスタ)FIRE=フルタイムではなく頻度を減らして働きながら生活費を賄うFIRE

④ Coast(コースト) FIRE=資産はあるがあえて働くFIRE

 

この中で僕が目指すのはBarista (バリスタ)FIRE

運用益のみに頼るのではなく、自分の本当にやりたい仕事をしながら収入を得て生活するという考え方

そもそもの資産確保の難しさや、上記で述べたデメリット等を考えると完全に仕事から離れるというのは正直リスキーだと感じる

あくまで自分で選んだ好きな仕事を好きな時間だけするという選択も、十分に有意義な人生だと思う

FIREのためにすること

自身の年間支出額を理解して、FIREの目標額を設定する

まずは現時点で自分がどれだけ支出しているのかを把握する

キャッシュレス化が済んでいるのであればマネーツリーというアプリを使用して簡単に総資産と支出を把握できる

年間支出の25倍の金額がFIREする為の目標額となる、年間支出が400万円であれば必要資産は1億円

 

資産形成を進める

・支出の見直し

 保険料、携帯代、光熱費等の固定費を見直すだけで大きな効果が出る

 僕もFIREを意識してから初めに行ったのが固定費の見直し

 一度見直しを行えばずっと効果が続くので早めに支出の見直しをするのがおすすめ

 

・投資を行う

 小額でもいいので投資を行う

 早い段階で長期間投資を行うことでその分複利の効果を得ることが出来る

 まずは楽天証券やSBI証券の口座を作成することから始めてみるといいと思う

 僕も投資を始める前は怖いという思いがあったけど、調べるうちにその怖さは完全になくなった

まとめ

・FIREは若いうちに資産を築いて早期退職をし、悠々自適な生活を過ごす

・年間支出の25倍の運用資産が必要

・資産を年利4%で運用し、運用益で生活をしていく

・FIREを実現するためには、投資が重要

 

この記事で少しでもFIREに興味をもってくれて、一緒にFIREを目指してくれる仲間が増えれば嬉しい

Advertisements

コメント

タイトルとURLをコピーしました