アサヒビール博多工場が佐賀県鳥栖市に移転を発表。施工ゼネコンはどこ?

サブコン営業マン

アサヒビール博多工場を佐賀県鳥栖市に移転することが2022/6/23に発表された。

移転後の工場の規模や施工ゼネコンなどを解説。

新工場の概要

Advertisements

敷地面積:27平方メートル

移転先:佐賀県鳥栖市

稼働時期:2026年度予定

敷地面積は現状の博多工場の約2倍の広さ。

敷地面積27平方メートルの工業団地を約90憶円でアサヒビールが購入する。

生産能力は現在の1.3倍になる。

建設予定地は佐賀県の鳥栖市にある工業地帯。

新しい工場の外観イメージ。

建設を担当するゼネコンはどこ?

ゼネコン及び設計事務所は2022年6月時点では未定。

博多工場の元施工は安藤間なので注力してくるだろうし、神奈川工場を施工した大林組も候補に挙がると予想。

設計事務所は日建設計などが有力候補だと思う。

継続して情報を更新していく。

その他九州地域の大型工事情報

九州地域以外の大型工事

サブコン営業に関する記事

サブコン営業に関する記事も書いています。

商品レビュー記事

サブコン営業関連以外にも商品レビュー記事なども書いています。

Advertisements

コメント

タイトルとURLをコピーしました